インタビュー特集

手話映画を撮り続ける映画監督・谷 進一さん 「全身を使う『手話の表現力』に圧倒されて気付いた、新しい世界。その広がりを、映像で伝えたい」(前編)

「手話」が作り出す世界に魅せられ、映画を撮り続けている人がいる。谷進一さん、50歳。2008年に初めて短編作品を発表して以来、多数の手話映画を制作してきた。2022年秋に公開した新作『ヒゲの校長』では、大正から昭和の初めを舞台に、大阪市立聾唖学校の校長だった髙橋潔の生涯を描く。唇の動きから声を読み取る「口話」による教育が急拡大する時代に抗い、手話を守り抜いた髙橋潔の生き様に迫る作品だ。

谷さんは、訪問看護の仕事で生活を安定させ、手話映画の自主制作に情熱を注いできた。原動力になっているのは、20代で出会った「本物の手話」が持つ表現としての強さだ。学生時代に演劇の道を志して以来、数々の舞台や映画に参加して「誰も作っていない分野」を模索してきた谷さん。手話映画は自身のオリジナリティを追求し、観客に見てもらうことで完成するコミュニケーションでもある。「聴覚に障がいがある人たちだけでなく、一般の方にも手話に興味を持ってもらい、実際に手話に触れる機会になればいいな、と思っています」。映画監督として、手話という表現が持つ力強さを画面を通して伝えることを、常に考え続けてきた。

■一番後ろの席まで届いた、「手話」に込められた感情と熱

手話との出会いは、大学卒業後、アルバイトに励みながら劇団や演劇ユニットの舞台に参加していた20代半ばの頃。知人に誘われて、聴こえない人と聴こえる人がともに演じる京都の劇団「あしたの会」の公演に参加することになった。「『手話を知らなくてもいいから』と、学校の先生役を頼まれたんです。参加する前に一度、舞台を見に行って。そこで初めて手話演劇を見て、衝撃を受けました」。

舞台の上で全身を使い、手話で表現している役者たち。そこに込められた感情や熱は、満員の客席の一番後ろに立っていた谷さんを圧倒するほどの力強さを持っていた。「なまの手話って、こんなにすごいのか。僕はこれまで、声だけに頼ってきたんやなと気づきました」。

谷さんは客演としての参加をきっかけに、「あしたの会」に入団。稽古の合間に手話を教わり、手話サークルや手話講座に通った。手話を覚える中で、手話の映画や娯楽作品がほとんどないことに気がついた。「手話の映画があったらいいな」。そこから、手話映画の監督としての歩みが始まった。

■「生きた言葉」としての手話。 その奥深さと、禁じられた時代の真実

自身を日曜大工ならぬ「日曜映画監督」と称する谷さんは、平日の月曜から金曜は訪問看護師として働き、患者さんの自宅を訪ねて回っている。「撮影は週末の土日だけですが、看護師の仕事でも聴覚に障がいがある患者さんを10名くらい担当しています。そういう意味では、普段の仕事が手話の勉強になっている面もありますね」。

日本語に方言があるように、手話にも方言があり、若者と高齢者など世代によっても異なる手話を使う。

「若い人はどんどん新しい手話を作って、自分たちで使い始めるんです。例えば、写真を共有するSNSのインスタグラムは、カメラのシャッターを切るポーズとアルファベットのiを表す指文字を組み合わせて表現します」。

世の中に新しいものが登場すると、それに応じて新たな手話が生み出される。「生きた言葉」として次々に新しい広がりを生み出すのも、手話の奥深さだという。テレビでも手話通訳が段々と定着し、手話が使われている光景は今や日常のものだ。でも、歴史をさかのぼれば、ほんの少し前まで、手話を使うことが禁止されていた時代があった。「ろう者の方でも若い世代は、手話が禁止されていたという事実を知らない人も多い。僕が手話映画を撮り続けているのは、危機的な状況の中で手話を守った人たちがいた事実を、映像として残したいという意味もあります」。
(後編に続く)


sponsored by TOWA株式会社